へんてこ生物達の画像いろいろ

同じ地球上で暮らす生き物たちを、
私達はほとんど知らない。
その気になって探してみれば、
素敵な仲間は結構身近にいるもんだ。


ジンガサハムシ

☆大きさ 体長約5~9mm
☆分布 日本全土
☆特徴 半透明な丸い翅
❤ 5月頃、ヒルガオの葉を好んで食べてるところが見られる。



⇒ジンガサハムシの画像検索




エサキモンキツノカメムシ

☆大きさ体長約10~14mm
☆分布本州・四国・九州
☆特徴黄色いハート型の模様
❤山地ではウド・タラ、
平地ではミズキ・ハゼノキ・サンショウ等に生息。
見つけると幸せな気分になるかも。


⇒エサキモンキツノカメムシの画像検索




モモチョッキリゾウムシ

☆大きさ体長約7~10mm
☆分布日本全土
☆特徴象のように長くて太い口吻
❤桃・梨・リンゴ・びわなどが大好物で
葉や茎をチョッキり切る。


⇒モモチョッキリゾウムシの画像検索




クリシギゾウムシ

☆大きさ体長約6~10mm
☆分布日本全土
☆特徴口吻がストローのように長い
❤栗やドングリの中によく入ってる奴の正体はこれ。


⇒クリシギゾウムシの画像検索


ツノゼミ

☆大きさ体長約7~9mm
☆分布日本全土
☆特徴体に3本のツノを持つ❤

⇒ツノゼミの画像検索
アカスジカブトツノゼミの画像検索




オナガササキリ

☆大きさ体長約2~5cm
☆分布本州・四国・九州・対馬
☆特徴雄は触角の長さが体長の3~4倍。
❤8~10月に成虫として過し、昼も夜も鳴く。
雌の産卵管の長さが体長の2倍。

⇒オナガササキリの画像検索




トゲアリ

☆大きさ体長6~8mm
☆分布本州・四国・九州
☆特徴背中にトゲがある
❤平地の林や、低山の森に生息。
胸と背が赤く、背中に4本のトゲがある。

⇒トゲアリの画像検索




イヌビワコバチ

☆大きさ体長約2mm
☆分布本州・四国・九州
☆特徴雄と雌で全然違う容姿
❤雄は翅がなく、頭が大きく、胴体も足もずんぐりむっくり。イチジクの中で一生を過ごす。

⇒イヌビワコバチの画像検索




トゲグモ

☆大きさ体長4mm(雄)・7~8mm(雌)
☆分布本州・四国・九州
☆特徴鮮やかな体色と3対のトゲ
❤赤白黒の鮮やかな色で敵を惑わす

⇒トゲグモの画像検索




コンペイトウ

☆大きさ体長約8cm
☆分布日本海
☆特徴全体がいぼ状で金平糖に見える
❤100mぐらいの深海に生息。

⇒コンペイトウの画像検索




ウミテング

☆大きさ体長約2~7cm
☆分布千葉県以南
☆特徴口が付き出て天狗の鼻に似ている
❤比較的浅い沿岸海域から川の水と海水が混ざりあう河口などに生息。あまり骨格がない。

⇒ウミテングの画像検索


トゲワレカラ
☆大きさ体長約1~6cm
☆分布日本各地
☆特徴カマキリのような鋭いハサミ脚をもつ ❤海藻の色に体色を変えるため
海藻と間違って食べてる事があるらしい...。タイドプールの海藻を探すと会えるかも。
⇒トゲワレカラの画像検索

ミミイカ(ダンゴイカ・ヒドコイカ・ジコイカ)
☆大きさ外套長約4~5cm
☆分布北海道南部~九州
☆特徴ヒレが耳に見える ❤浅羽の岩礁域から水深200mまでの深場に生息。夜になると活動する。

⇒ミミイカの検索画像




ニシキフウライウオ

☆大きさ全長約8~12cm
☆分布房総半島以南
☆特徴絹織物の様に美しい体色
❤水深約10~35mの岩礁域などの生息。
個体によって様々な色彩パターンがある。



⇒ニシキフウライウオの画像検索


アカグツ
☆大きさ体長約35mm
☆分布岩手以南鹿児島
☆特徴各ヒレの先端部が赤橙色で、赤い靴を履いているように見える。 ❤胸ビレを使って海底をほふく前進。


⇒アカグツの画像検索




ベンテンウオ

☆大きさ全長約40~65cm
☆分布福島県~高知県の太平洋側
☆特徴背ビレ・臀ビレが異常に大きい
❤水深100m前後での底引き漁、巻き網漁で捕獲されることがある。

⇒ベンテンウオの画像検索




リュウグウノツカイ
RIBBON FISH

☆大きさ3~10m
☆分布本州~九州
☆特徴鮮やかな赤色の長い糸状の背ビレ、胸ビレ
❤天変地異の前兆とされている


⇒リュウグウノツカイの画像検索




フリソデウオ

☆大きさ体長1m(最大)
☆分布日本各地
☆特徴背ビレ・腹ビレが分岐して房状になっている



⇒フリソデウオの画像検索
 


コオイムシ

☆大きさ体長1.5~2cm
☆分布本州・四国・九州
☆特徴雄は卵を背負っている
❤ヨシやガマなどが生えている池沼、用水路などに生息。
泳ぎは下手で、飛んで移動準絶滅危惧種。


⇒コオイムシの画像検索


ミズグモ
☆大きさ約9~12mm(雄)、8~15
☆分布北海道・本州・九州
☆特徴水中ドームを作り、水の中で生活する ❤殆ど水中で生活する。水中の水草に糸を貼って中に空気を蓄える。

⇒ミズグモの画像検索

世界は広い。海外の生き物にも注目してみよう。

ジンメンカメムシ
☆大きさ体長約3.3cm
☆分布インド・タイ・スマトラ・ジャワ・ボルネオなど
☆特徴逆さまにして見ると人の顔に見える
❤憂鬱そうな顔や、悲しい顔の個体も居るらしい。


⇒ジンメンカメムシの画像検索

ジャワマメジカ
☆大きさ体長約30~48cm、肩高約20cm
☆分布 ジャワ島・ボルネオ・スマトラ島・タイ・カンボジア・マレー半島など
☆特徴手のひらに乗るシカ
❤ちょっと大きいウサギ程度。体重も1.7~2.6kgぐらい。


⇒ジャワマメジカの画像検索

オオアタマガメ
☆大きさ甲長20~30cm
☆分布 中国南東部・ベトナム北部・ミャンマー・タイなど
☆特徴 頭が大きすぎて甲羅に入らない ❤太い爪で岩場や木によじ登り、
長い尾を木にまきつけてぶら下がる!


⇒オオアタマガメの画像検索

テンシノツバサガイ
☆大きさ殻長約17cm
☆分布北アメリカ東岸・ブラジル・西インド諸島など
☆特徴 天使の翼に見える

⇒テンシノツバサガイの画像検索

カメガエル
☆大きさ体長約3~6cm
☆分布オーストラリア南西
☆特徴 泳げない。ジャンプができない。
❤地下50cmほどに巣穴を掘って生息。
白アリを食べる。オタマジャクシにはならない。



⇒カメガエルの画像検索

アフリカレンカク
☆大きさ全長約25cm
☆分布サハラ砂漠以南のアフリカ
☆特徴スイレンの葉の上を歩く ❤脚の指がとても長く、水面に浮いている葉の上を歩く。

⇒アフリカレンカクの画像検索

アフリカタマゴヘビ
☆大きさ体長約70cm~110cm
☆分布アフリカ各地(サハラ砂漠を除く)・アラビア半島
☆特徴鳥の卵しか食べない ❤歯が一本もなく、頭の2倍もある卵を飲み込める。

⇒アフリカタマゴヘビの画像検索

アカウアカリ
☆大きさ
☆分布ブラジル・アマゾン河上流
☆特徴顔が赤くハゲている ❤シロウアカリ・クロアタマウアカリ

⇒アカウアカリの画像検索

オニアンコウ
☆大きさ体長5~10cm(雌)・2.2cm(雄)
☆分布太平洋・大西洋・インド洋などの深海
☆特徴オニの形相 ❤雄は小さくて、雌の皮膚に癒着して寄生生活を送る。

⇒オニアンコウの画像検索

スキニ―・ギニア・ピッグ
☆大きさ体長10~15cm
☆分布南米原産
☆特徴毛がないモルモット ❤実験用モルモットからの突然変異。



とってもへんないきものたち

中古価格
¥79から
(2012/7/17 15:07時点)

http://www.youtube.com/watch?v=su0kK2btugI

http://www.youtube.com/watch?v=eDp6mnRItZI

うえへもどる